FC2ブログ
RSSはこちら

アナル奴隷妻~凛子の日記~

愛する御主人様の「アナル奴隷妻」としての凛子の想いをいろいろと綴った日記です。

  • --⁄--⁄--(--)
  • --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
  • 2013⁄04⁄10(Wed)
  • 11:58

オブジェとしての凜子。。。(その2)

smIMG_4197_R.jpg


3段になったあの瓶アナルに入れ
花瓶として御主人様に十分楽しんでいただいた後、

今度は、右から3番目のあの瓶です。


smIMG_4214.jpg


あぁ・・・まさかこんな物をアナルに入れることになるとは・・・

今まで花瓶としてしか見たことがなかった物を
自ら銜え込む・・・
なんて恥ずかしい・・・なんて淫らな・・・


smIMG_4217.jpg


アナルに押し当て、力を入れる毎に
一つずつ一つずつ・・・

ドーナツのような形をした物が
凜子のアナルの敏感な入り口を通って行きます。

太くなるに従って、
通る瞬間のおぞましさもどんどん増していきます。

もうこれ以上は無理だって言う所で
御主人様からじーっとしているように
命令が出されます。

まるで、飼い犬が御主人様の指示を待つかのように

凜子は体を駆け抜けるおぞましさと闘いながら
忠実なアナル奴隷妻として
御主人様の指示を待ちます。


smIMG_4218.jpg


そして、おぞましさが凜子の体に慣れてきた頃、
御主人様は次の瓶を入れるように命令されました。

そうです。
御主人様は凜子の体のことをよく分かって見えるのです。

凜子の限界を・・・
凜子の反応から的確に読み取り、
最大限に凜子の素質を開花させようとするのです。


smIMG_4219.jpg


そして次は右から2番目の瓶です。

もうダメ・・・そう思っても
御主人様からの指示があるまでは
途中でやめる訳にはいきません。


smIMG_4222.jpg


そして確かに・・・
御主人様の「やめ!」って言う言葉がかかるまでは
凜子の体は御主人様の責めを受け入れて行けるのです。


smIMG_4224.jpg


そして次は底から・・・
瓶のヘリから何とか押し込もうとするのですが
なかなか入ろうとしません。

顔も焦りと苦痛で歪んできます。


smIMG_4226.jpg


何とか入ったと思ったら、
もうおぞましさで動くことさえ出来なくなってしまったのです。

そんな凜子の反応を御主人様が見逃すはずはありません。
御主人様は、いつもと変わらぬ表情で
しばらくそのままでいるようにおっしゃいました。


smIMG_4227.jpg


そしてそのおぞましさをもっと鑑賞すべく
オブジェとしてふさわしい
花台としての勤めを果たします。


smIMG_4229.jpg


「凜子・・・今日はオブジェとして楽しませるはずだったな・・・」

「どうしておまんこがこんなに濡れてる・・・」

「こんなものをアナルに銜え込んで喜んでいたのか・・・」

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

御主人様の言葉を噛み締めれば噛み締めるほど、
更に何か熱いものが凜子のおまんこに
溢れてくるような気がしました。

category
調教日記
tag
御主人様凜子アナルおまんこ花瓶オブジェ淫ら

プロフィール

rinko12312

Author:rinko12312
こんばんは^^

凛子のブログに
ようこそ・・・


このブログは、
愛する御主人様と
凛子の調教日記です

アナル好きの
御主人様ですが
アナルにとどまらず
鞭に蝋燭、
縛り、露出と
幅広く凛子を
御主人様好みに
調教して下さいます。

宜しかったら
拍手・コメント・・・
よろしくお願いします

御主人様に
褒めていただくことが
凛子の最大の喜びです

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセス解析

ピラティス・メソッド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。